eBookJapanってどんな電子書籍ストア?サービスの概要や対応デバイスを詳しく解説

eBookJapanの基礎情報 基礎情報

電子書籍が読めるサイトは、AmazonのKindle unlimitedのような定額読み放題サービスのほか、まんが王国のような月額課金型のサービス、Renta!のようなレンタルして期間限定で電子書籍を楽しむサイトまで様々なサービスがあります。

中でも管理人が1番おすすめするのがeBookJapanのような個別課金型と呼ばれる電子書籍ストアです。

基本的には「電子書籍を読む」という意味では同じですが、購入方法や読み方などが異なるのでeBookJapanのサービス概要や電子書籍の管理方法、読み方から利用の仕方まで幅広く解説していきたいと思います。

eBookJapan(イーブックジャパン)ってどんな電子書籍サービス?

eBookJapan(イーブックジャパン)

冒頭でご紹介した「Kindle unlimited」や「まんが王国」は読んでも読まなくても毎月料金をいくらか支払うタイプの電子書籍サービスに対して、eBookJapan(イーブックジャパン)は購入する分だけ料金を支払って読むことができる電子書籍サービスとなります。

ネットショッピングのような感覚で欲しい本を探してレジでお会計をする形となるので、いつでもどこでも本を購入することができるのが魅力です。

雨が降っていても家の中で24時間いつでも本が読めて、ネット通販のように注文してから家に届くまでの時間が不要なので、購入後はすぐに読むことができるのも電子書籍の特徴となります。

購入した電子書籍はeBookJapanの本棚に格納されて、対応デバイスからいつでも読むことができます。

eBookJapan=電子書籍を販売する書店

eBookJapan=電子書籍を販売する書店

電子書籍なので本を購入するよいうよりは本を読む権利を購入する形とはなりますが、いわゆる電子書籍を取り扱う書店(ストア)のような存在で、本屋さんで本を選んでレジで支払いをする感覚でeBookJapanのWebサイト上(オンライン)で本の検索や購入まで行うことができます。

インターネットにさえ接続できれば、場所を選ばずどこでも本を購入することができ、紙の本のように売り切れて購入できないなんて心配も不要です。

また、24時間いつでも好きなときに本を購入することができるのもeBookJapanのような電子書籍ストアの魅力となります。
ほとんどの本が無料で立ち読みできるので、冒頭部分を読んで気に入ったら購入するという流れができます。

会員登録は無料なので、本を購入する際に支払いするため、書店と同じような感覚ながらより便利に本を購入することができますよ。

eBookJapanで電子書籍を読むためのデバイス

eBookJapanで電子書籍を読むデバイス

eBookJapanで購入した本は対応するデバイス(端末)で読むことができます。
ブラウザのビューアを使って読むこともできますし、各デバイス向けにリーダーアプリ「ebiBookReader」が提供されているのでアプリからも読むことができます。

アプリを利用すれば購入した電子書籍は端末にダウンロードできるので、インターネット環境のない場所で読めたり、自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておけばスマートフォンのパケットを消費することなくサクサク読むことが可能です。

eBookJapanの対応デバイスは下記の通りです。

  • Windows
  • Macintosh
  • iPad
  • iPhone
  • iPod touch
  • Androidスマートフォン
  • Androidタブレット

各デバイスには推奨環境がありますので、利用する前にチェックしておくと安心です。

そのほかにも、SafariやGoogle Chrome、Edge、Firefox、Internet Explorerなどのブラウザでも読むことができるので、用途や利用環境に合わせて最適なデバイスで読むようにしましょう。

購入の仕方

eBookJapanの電子書籍購入画面

電子書籍はネット通販で買い物するのと同じ流れで購入することができます。

まずは読みたい本を探して購入する場合は一旦は「カゴ」に追加します。そのまま購入する場合はレジで支払いが完了すれば購入完了となります。

支払い方法は購入時、もしくは「マイページ」の会員情報から登録することができます。
ちなみにeBookJapanでは以下の決済方法に対応しているので、好きな支払い方法で購入しましょう。

  • クレジットカード
  • Yahoo!ウォレット決済
  • 楽天銀行決済
  • 楽天Edy決済
  • @nifty決済
  • So-net決済
  • WebMoney(ウェブマネー)決済
  • BitCash決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ ケータイ払い
  • JCB PREMO

WebMoneyや楽天銀行、キャリア決済が利用できるのでクレジットカードを持っていない人でも気軽に電子書籍を購入することができます。

eBookJapanは他の電子書籍ストアと較べても対応する決済方法が充実しているので、利用しやすい電子書籍ストアだと思いますよ。

本棚について

eBookJapanの「本棚」

購入した電子コミックや書籍はeBookJapanの「本棚」に格納されます。

紙の書籍の場合は自宅の本棚などで管理して、読むときに手に取るなり、カバンに入れて外で読むと思いますが、電子書籍の場合はクラウド上で管理されるため、インターネット経由でアクセスすればどこにいても本棚から漫画や書籍を読むことができます。

ブラウザから利用する場合はeBookJapanの公式サイト内にある「本棚」からいつでもアクセスすることができます。

クラウド上の本棚とアプリの本棚を同期して最新の状態へ

また、電子書籍リーダーアプリ「ebiBookReader」をインストールしておけば、新しい本を購入した場合でも同期することで最新の状態に更新することができます。

これで購入した本を端末にダウンロードすることができ、一度ダウンロードしておけばアプリの本棚からも読むことができます。

ダウンロードしておくことでオフライン状態でも閲覧できるので、特にスマートフォンやタブレット端末で読む場合はダウンロードしておくと便利です。

eBookJapanはストアでは数少ない背表紙表示できる

eBookJapanの本棚(背表紙)

eBookJapanの本棚では背表紙で購入した本を並べることができるのも特徴の一つです。

本棚で背表紙表示できる電子書籍ストアはほとんどないので、よりコレクションした感を出したい方は背表紙表示にすると良いでしょう。

eBookJapanの背表紙表示方法

ちなみに、PC版の本棚(ブラウザ)の場合、上記画像の矢印部分のアイコンをクリックすると背表紙表示に切り替わります。

好みの表示形式で本を並べましょう。

本の読み方

本の読み方

eBookJapanではPC、スマートフォン、タブレット端末に対応していますが、各デバイスでリーダーアプリ「ebiBookReader」とブラウザ版ビューア「ブラウザ”楽読み”」で読むことが可能となっています。

それぞれのビューアは電子書籍を読むためのアプリケーションですが、機能や使い方、最適な利用シーンが異なるので上手く使い分けると便利です。

ダウンロード可能でサクサク読める「ebiBookReader」

eBookJapanのリーダーアプリ「ebiBookReader」

「ebiBookReader」はスマートフォンやタブレット、PC向けのリーダーアプリで誰でも無料でダウンロードできます。

1アカウントで登録可能な端末数は最大5台で、複数のデバイスで利用する場合はそれぞれの端末にアプリをインストールする必要があります。

eBookJapanのWebサイトで購入した電子書籍も、アプリから同期することで最新の状態を保つことが可能。

アプリ版の本棚

事前にダウンロードしておけばインターネット環境がない場所でも読むことができるほか、インターネット環境に左右されないので遅延などなくサクサク読めるのも「ebiBookReader」を利用するメリットとなります。

アプリ導入後はWi-Fi環境でイッキにダウンロードしておくと高速データ容量(パケット)の節約に繋がります。

本買ったらすぐ読める「ブラウザ”楽読み”」

「ブラウザ”楽読み”」の本棚

専用のリーダーアプリのインストールは不要で、電子書籍の購入後すぐに読めるのが「ブラウザ”楽読み”」の強みです。

eBookJapanの公式サイトから購入後、アプリを立ち上げることなくブラウザでそのまま読めるため非常に便利。
また、アプリをインストールする手間が不要なのも魅力です。

ただし、閲覧している間はインターネット環境が必要になるので、読む速度やネット環境によっては若干遅延して表示されることもあります。

試し読み感覚で気になる作品を読むのに「ブラウザ”楽読み”」は向いています。

eBookJapanのここが良い!

eBookJapanのここがおすすめ!

eBookJapanマニアはKindleやBookLive!、楽天Kobo、DMM電子書籍、コミックシーモア、まんが王国、コミなびなど色々な電子書籍サービスを利用してきましたが、1番のお気に入りはやはりeBookJapanとなります。

その理由は画質の良さや作品数など様々ありますので、eBookJapanのおすすめポイントを簡単にご紹介していきたいと思います。

作品数が多くて何でも揃う品揃え

人気のKindleストアもラインナップが充実していますが、eBookJapanも負けないくらいの作品数を配信しています。

取り扱う電子書籍のジャンルも少年漫画、青年漫画、少女漫画、女性漫画、漫画雑誌、文芸、実用、ライトノベル、ビジネス、実用、キッズ、雑誌、写真集、BL、TL、アダルトなど何でも揃うラインナップとなっています。

できるだけ一つの電子書籍ストアでまとめたい方であれば、配信数は非常に重要な要素となりますよね。
eBookJapanなら作品数も豊富なので、電子書籍ストア選びに迷った方はとりあえず利用してみるストアとしてもおすすめですよ。

画質もかなり良い

スマートフォンのような画面サイズの小さな端末では気になりませんが、PCで閲覧すると稀に画質の悪さが気になることがあったりします。

eBookJapanとKindleの画質を較べてみた

eBookJapanは画質の良さの評判も良く、実際にKindleと同じ作品で較べてもeBookJapanのほうが画質が良いことがわかります。

上記画像ではその違いがわかりにくいですが、画像自体を拡大してみるとKindleのほうが画質の粗さが目立つようになります。

eBookJapanとKindleの画質比較(拡大版)

全ての作品においてeBookJapanの電子書籍の画質が良いとは限りませんが、今回調査してみた限りで言えばeBookJapanのほうが画質は良いという結果になりました。

キャンペーンがお得

各電子書籍ストアで共通のキャンペーンを実施していることも多いですが、eBookJapan独自のキャンペーンやセールも充実しています。

しかもそのセール内容もかなりお得で、人気のコミックが1巻10円や80%OFFなど書店ではありえない割引を行うことも。
小規模なセールも合わせると常に100近いキャンペーンを実施しているのでeBookJapanはお得感がありますよ。

買うつもりはなくてもどんなセールが実施しているか、とりあえず公式サイトを覗いてみるのもおすすめ。

ポイントが貯まる

キャンペーン・セールもお得ですが、eBookJapanで電子書籍を購入すると通常であれば1%がポイントとして還元されます。

1%還元だとあまり魅力的には感じないかもしれませんが、大量に本を購入すると意外に貯まったりします。

また、まとめ買いや新刊が発売されたら自動的に購入してくれる「新刊オート便」で予約して購入すると5%のポイントが還元されるので使い方によっては、より多くのポイントを貯めることもできます。

貯まったポイントは電子書籍を購入する際に使用することができるので、ポイント利用で0円で購入することも可能です。

本が読める端末が豊富

iPhoneやiPadなどのiOS端末のほか、Android端末やMac、Windowsなどのパソコン向けにもリーダーアプリが提供されているので、どんな端末からでも利用しやすくなっています。

ブラウザビューアでも閲覧できるので、利用シーンや用途に合わせて最適な読み方ができるのもeBookJapanの特徴の一つです。

支払い方法も充実している

eBookJapanではクレジットカードはもちろん、携帯料金との合算支払いやウェブマネーや楽天銀行決済など、クレカを持っていない人でも利用することができます。

決済方法が豊富さは電子書籍ストアでもトップクラスなので、自分の利用したい支払い方法に合わせて電子書籍を購入しやすいのも魅力です。

eBookJapan(イーブックジャパン)の始め方

eBookJapanの始め方

eBookJapanはクレジットカード以外にも様々な支払い方法に対応しているので、基本的には誰でも簡単に始めることができる電子書籍ストアとなっています。

月額制の電子書籍サービスとは異なり、購入した分だけお支払いをするため安心して利用できるのも魅力的です。

会員登録やリーダーアプリは全て無料なので、読みたい本が見つかったり、セールで安く販売されていた場合はとりあえず登録して購入しておくと良いでしょう。

eBookJapanの会員登録はメールアドレスもしくはYahoo! JAPAN IDを使って登録することが可能。

会員登録ページではニックネーム、パスワード、秘密の質問と答え、氏名、生年月日、性別、住所を入力すれば簡単に始めることができます。

電子書籍を購入する場合は支払いに必要な決済方法を登録することで、電子書籍を読むことができます。

eBookJapanの公式サイトへ

コメント